About

当研究会では人口論を研究対象とし、理論的な枠組みや計量分析の手法を踏まえながら、死亡と死因、出産、結婚と家族・世帯、人口の年齢構造と高齢化、都市化と人口移動などの人口事象について学ぶと共に、現在の国内外の人口問題について理解を深める事を目的としています。

人口とは、その国の経済発展を左右する重要なファクターであり、法律、教育、福祉などの社会政策や地理などとも深くかかわっているため、様々な角度からの研究が可能です。また、人口問題と共に、女性の就業と結婚・出産・育児のあり方など、家族をめぐる事象についても取り上げるほか、経済学部で唯一のジェンダー問題を研究対象とするゼミでもあります。

年間の活動

▷本ゼミ
水曜日3・4限
本ゼミ活動では、2人一組となって英語文献を輪読します。各ペア2回ずつ発表を行います。

▷サブゼミ
水曜日5限
輪読を行う上で必要な知識を講義形式で教授から学びます。毎週ではなく、必要に応じて行われます。

▷三田祭
三田祭では、全員でひとつのテーマを決め、研究・論文発表を行います。

▷合宿
4月 新歓合宿
新ゼミ生を歓迎するため、2泊3日の合宿を行います。

9月 夏合宿
三田祭論文の中間発表の場として、2泊3日の合宿を行います。

▷授業
前期 月曜日1・2限
3年生のみ、津谷先生の人口論が必修となっています。

広告